2008年10月12日

中庭に暮らす三角形の白い家

神奈川県横浜市 小島邸
夫44+妻32
木造一部RC造
敷地面積98u
建築面積52u
延床面積91u

白地の外壁にポイントで木の建具、正方形のポツ窓、真鍮で統一。
外に対してはかなり閉じた形。

ガレージの愛車はミジェット61年ですか。
十分スペースにゆとりがありそうだけど
家から直接つながってなさそうなのが残念。

外観の尖ったポイントにセダムっぽい草が植えてあるのは
風水的な発想とみた。

玄関入ってすぐに中庭が見えるけど、風水で考えるとよくない配置。
中央のヤマボウシはいい感じだけど。
イコンのような小窓、
全体的に飴色のアンティーク家具といい
ポスターデザイナーの旦那さんはさすがセンスがいい。

ちょっと廊下がせまそうな上に
廊下のような多目的室など、全体的に長細い。
すべての部屋に中庭の広がりを付け足すという
住吉の長屋的発想なのだろう。

総括:
外観、内観を通じて、それぞれのポイントはとてもお洒落で
テーマにも一貫性があってとても好ましい。

しかしV字型をした長い動線などに
全体のプログラムとしてはどうか? という疑問は残る。
少なくとも子供ができてしまうとますます使いにくそう。
posted by LONE at 14:49| Comment(24) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

週末はバーベキュー 街中のキャンピングハウス

東京都武蔵野市・田中邸
夫44+妻42+息子12+娘9
木造
敷地面積154u
建築面積61u
延床面積117u

黄褐色の木外装が印象的。
立ち上がりの足元を植物で覆うのが個人的に好き。
シューズインクロゼットがたっぷりで便利そう。
エントランス扉から突き当たりまで光が通るのが気持ちいい。
リビングがまたどーんとデッキにつながって
釜場まであって、ちょっと隣近所からの視線は気になりそうだが
開放感は問題ない。
回遊式でありつつシンクの手元は隠されてすっきり。
旦那も調理士免許持っていて、食品庫まである。
だらけた感じに座れるソファもあり、風通しもよさそうだし
そこらじゅうに収納が隠されていて、かなり完成度が高い。
2階には子供部屋から納戸、サブリビングまである。
大きな延床面積をフル活用した、ありそうでない家だった。
posted by LONE at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。